​作品紹介

act.20         

​作品

はじまり_edited.jpg
あ_191208_0007.jpg

「プロローグ」

 (宮・神剣)

 

熱田神宮の宮には

聖なる剣が祀られている。
その御剣(みつるぎ)の名は「草薙剣」


さぁ、日本神話の歴史を紐解こう。
 

かつてこの国に

「倭の国」を建てんと奔走(ほんそう)し、ここを「尾張」と名付けた

英雄「倭健命(ヤマトタケルノミコト)」と「草薙剣」の物語を。

S__46571535.jpg
はじまりホームページ写真_191208_0004.jpg

「旅路」

(1部:颯爽、麗し、ヤマト)

--神話の時代。我が名はヤマトタケル。神剣を賜り、各地を平定して回る旅の命を受ける。長い道のりになるだろうが、成さねばならぬ。いざ、行かん。

颯爽と駆け回る旅路。軽やかに各地を旅して回る。

この国は美しい。鬱蒼と茂った草木、川のせせらぎ。麗しきこの地に、争いのない平和な国・倭の国を築いてみせる。

旅路は続き、やがて荒ぶる神々が宿ると聞く山へと入っていく…。

あ_191208_0008.jpg
あ_191208_0016_edited.jpg
あ_191208_0017.jpg
あ_191208_0014.jpg
あ_191208_0015.jpg

「苦難」

(2部:不穏、着火、火の海、草薙

 

轟く雷鳴。なにやら良からぬものが迫りくる。

剣の柄に手を当て、不穏な気配に身構える。

一体なんだ…?不意に熱気に当てられ咽ぶ。

 

――火だ。荒ぶる神々の怒りは、美しき草木を焼いていく。よくも美しき自然を、、、怒りが込み上げる。しかし気づけばもう遅い。辺り一面、火・火・火。火の海に囲まれ、逃げ場はない。

煙で息ができず前が見えない。

炎に身を灼かれ、足がもつれ倒れ込む。

ここで私の旅は終わってしまうのか…?

 

――いいや、ここで倒れる訳にはいかない。我が身に流れる血潮は、燃ゆる御魂は挫けなどしない。

すると神剣が熱く光りを放つ。

そうか。根拠もなく悟る。ヤマトタケルが神剣を構え強く振るうと、草木は薙がれ、風が吹きすさび、火は退けられる。道が拓け、光明が見えた。

命からがら森を抜けていく--

「建国」

(幕間:終わり(尾張)、建国)

 

ようやくたどり着いた。髪は焦げ、泥にまみれ、服は破れた。もうへとへとだ。だが不思議と満ち足りている。

私はここに生きている。

見晴るかす、美しき大地。

長きに渡った旅が終わりを迎える。

そうだ、ここを終わりの地「尾張」と名付けよう。ここが「倭」の国の始まりの地だ。

 

尾張の地にて御旗を掲げ、国を興す。

例えいつかこの身が滅ぶとて、幾々千代に咲き誇れ、我が御魂よ。

あ_191208_0013.jpg

尾張に始まった倭の国には、数多の人々が集う。願いの果てを目指し、決して挫けなかったヤマトタケルの心は、倭の心・大和魂となって、人々の胸に祈りの燈(ひ)を灯す。その燈火(ともしび)は、幾つもの朝(あした)を繋ぎ、いつしか日ノ本の国となる。

「サビ1:尾張に始まる倭の心(御旗)」

この身に流れる熱き魂 

高鳴る血潮 誇り高く

まだ見ぬあの場所へ、願いの果てへ軌跡を受け継ぎ繋いでいく

形を変え名を変え、未だ見ぬ理想の国となる

尾張(終わり)に生きる、その刹那の一瞬に、一秒に、一期(ひととき)に、私たちの心は一つ

日本の一(はじまり)。

「サビ2:日本の一[はじまり](日ノ本)」

はじまりホームページ写真_191208_0001_edited.jpg

「一(はじまり)」歌詞

終わり目指した

御旗(みはた)に朋(とも)集う
紲(つな)ぐ祈りの 燈(ひ)を胸に
朝(あした) 輝く 日ノ本へ

ここに生まれ ここに生きる

 

心一つに

はじまりホームページ写真_191208_0011.jpg