act.19

​作品

​テーマ

尾張四観音と

    名古屋城

まほろばとは、住みやすい場所、素晴らしい場所の意

プロローグ.jpg

​[蓮の花]

 

光に包まれた蓮の花、

どこかの誰かの夢の中。

静かに開く一輪の花。

鎮座する仏が見つめるのは、遥か先

まほろばの国、名古屋。

女ハイパー_2.jpg

名古屋

夢から覚めた目に映るのは、いつもと変わらぬ名古屋の町。裕福とはいかないまでも、僧も女も気ままに暮らす。

袖ふれあうも多生の縁。人々の粋な心はこの名古屋に根付き、束の間の幸せを謳歌する。

ふと、不安が胸をよぎる。

この幸せは、いつまで続いてくれるのだろう。

​【開門

 

不吉な音が、名古屋に響く。

鬼門が開いてしまった。

邪気は名古屋の町に流れ込み、空を覆う。

町の様子は一変し、焦り、恐れ、人々は逃げ惑う。

邪気は、人の心にも影を落とした。

名古屋の人々が抱えていた漠然とした不安にとり憑き、暴れまわる。

行き場を失った人々は、ただあてもなく歩く。薄曇りの空と、町を覆う霧に境はない。どこからか鐘の音。

ああ、どこへ向かえば、どこを目指せば。

尾張四観音

しゃん、しゃん。

これは、錫杖をつく音か。

ふと顔をあげると、雲の切れ間から

細い光がさす。

何かが変わる気配がする。

邪気が流れ込んでいた鬼門は閉じられ、代わりに四つの光が名古屋を照らす。

もう下を向くものはいない。

目指す場所は、欲しいものはなんだ。

名古屋城築城

 

決意を胸に人々は

瓦礫を運び、杭を打つ。

思いは実を結び、

ここに我らの城が建つ。

なごやばやしの音色と歌が、

どこまでも響く。

ここから、始まる。

フィナーレ.jpg

大団円

少し時は経ち、数年後の名古屋。

いつもと変わらぬ人々の顔。

人々の顔に曇りはない。

この幸せがどこまでも

続いていきますように。

ここは、まほろばの国、名古屋。

​歌詞

水面に紋を描く

花の白く香るひとひら

揺らめく 蛍火は集い燃ゆる

宵の燈となれ

惑い翳りゆく 人心

水面に紋を描く

花の白きひとひら

明日には種を残し

土に触れ眠る

​水に触れ眠る

名古屋ばやしでよっさよさ

この地を想い歌う

人よ悲しむことなかれ

ここに愛を願う

名古屋ばやしでよっさよさ

願いの果ては

誰ぞ知る物語

日は沈み繰り返す

永久に伝えゆく

心ひとつに

​四恩の光を背に花はまた芽吹く